×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



びよよんのソケイヘルニア手術について、簡単に まとめました。
今後、予定されている方の参考になれば幸いです。


手術までの経緯
私、びよよんは30数年間手術等したことはありませんでした。3?歳の後半にぎっくり腰で入院したのが最大のトラブルでした。
男性が9割(幼児、お年寄りが多い)を占めるこのソケイヘルニアに女性でなってしまったのは、遺伝だと思われます。(父方の祖父、伯父2人がソケイヘルニアでした。)私の場合、さらにシコリのおまけまでついていました。
下記に主な身体のトラブルと、処置、金額を掲載します

時期
トラブル・検査内容
対処(処置)と金額など
2006年8月頃
夏に水着を着るためにビキニラインのお手入れをしていたら、右ソケイ部(足の付け根あたり)に、ピンポン球のようなしこりがあるのに気づきました。左の同じ場所にはありません。
出るときと、引っ込む時があり、出ている時は固くなっています。
ただ不安でした。
2006.9月頃

産婦人科に行く用事があったので、ついでに「これはなんですかね?」と聞いてみた。すると「それはたぶんヘルニアなので、外科を受診してください」と言われた。

たぶんヘルニアということがわかった。
2006.10月頃 ネットでソケイヘルニアの事をしり、手術しか完治しないと知り憂鬱になる。その事をできごとロジに書いたら某ビーのパパさんがソケイヘルニアの医療器具を営業で担当されているとの事で、先生を紹介して頂く。(奇跡のように、ラッキーでした。)
腸が出ている時は、疲れているときが多いように感じる。ひとりで不安に襲われ、触って確認しては、痛いような気がして怖くなる。
不安な時に、一筋の光が!!
2006.10.16 ◯◯病院◯◯先生に診察して頂く。先生が診察でぐりぐりと腸を触っても不思議と安心感からか痛さは感じない。
しかし、腸だけではこんな固くはないということで、検査して調べることになった。どうも、シコリがついているらしいが、何かは不明。どっちみち手術だからと、あまりショックはなかった。
CTスキャン、血液検査
¥9,570
2006.10.25

2度目の診察。今日はエコー検査のみ。
しかしこの時にヘルニアちゃんが出てくれず、検査は難航。

¥1,050
2006.10.30
検査結果を聞きに行くも、やはりシコリの断定はできず、検査で身体に負担かけるよりも、手術してあけてみてからということになった。 ¥2,460
2006.11.13
診察。手術の予定を決めた。◯◯先生が不在で△△先生。
この頃になると、腸が出ている時には、足の方まで違和感がでる。
神経が圧迫されているのかな?
¥210
2006.12.06 午前10時入院。建てられてから2年目というので、とても綺麗な部屋。4人部屋。皆さん、50〜70代の方。
shigeママが不足していたタオルや吸い飲み、前開きのネグリジェ(必須)を買ってきてくれた。ナースによる説明と、担当の△△先生が手術の説明をしてくださった。食事は普通に昼、夜とる。手には名前とバーコードの白いバンドをされる。食事の時もこれで本人確認をする。
夜、◯◯先生と△△先生とお二人にエコーで患部の最終確認。このときもヘルニアちゃんは出てくれず。。。立ったり横になったりしてなんとか位置を確かめる。24時からは、水も禁止。
入院
手術前夜
血圧と体温は定期的にナースが検査に来る。
2006.12.07

目覚めスッキリ。体調バッチリ。
部屋の方ともおしゃべりするようになる。
両親が来たが、11時半までなにもしなかった。

11:30やっと抗生剤等点滴。(点滴の針は痛い。縫われているような気がした。)血栓防止のハイソックスを履いて準備完了。

12:20に呼ばれて歩いて手術室へ。可愛らしい飾り付けの手術室は幼稚園みたい。名前等確認して、両親とお別れ。中へと進む。沢山の手術の部屋があり、入ってみるととても広いところに手術台があった。映画かドラマのようだった。(ハイテクっぽいし)上に暖かい布というか、空気いれて膨らんだものをかけてもらい、ネグリジェを脱いだ。スタッフは麻酔科の先生、手術する◯◯先生、△△先生、ナース2名。ほかにもいたかも。かなり大人数。吸入器からの全身麻酔をかけられ、「目がぼんやりする。でも音は聞こえるし、ほんとに麻酔効くのかな?」と思っていたら…
「2時間経ちました。手術終わりました」と声かけられる。

14:30〜15:00手術無事終了。
局部麻酔の注射も、剃毛も、もちろん手術も全くわからなかった。
すごい!と、感動。寝覚めは「気持ちいい」感じ。気持ちよく酔った感覚。
すぐ両親とも話ができた。
手術はメッシュを入れないで自分の筋肉を寄せたとのこと。まだ若いからだそうだ。メッシュを入れないほうが回復は遅いとのことです。
両親はシコリと袋を写真で見たそうです。シコリは親指大ぐらいだったそうです。
溶ける糸で抜糸なし。患部には、医療用のセメダインみたいな保護するものが塗られて3週間は落ちないようです。これで翌日からシャワーもOKと言われる。
念のため、酸素マスクを夜まで。点滴には抗生剤が足される。寝返り打つのが怖いので、ナースに手伝ってもらう。

19:00くらいから少しづつズキズキ痛む。念のため点滴に痛み止めをプラスしてもらった。shigeが会社帰りに顔をみせてくれた。

20:00時にナースを呼んでトイレもひとりで行けた。
怖くて傷は見れなかった。夜中2度程トイレにひとりで行ったが、1度目は気分が悪くなってナースコール。寝てばかりいるので頭に血がいってないのに、急に立つとそうなるらしい。少しづつコツをつかむ。水も少し口に含む程度。

手術12:20〜約2時間

麻酔:全身麻酔(吸入)、局部麻酔(注射)

2006.12.08 朝から普通に食事ができる。身体をどうもっていくか、どう動くかが手探り状態。△△先生が回診にいらして、指で患部を押したり様子を見てくれた。内出血しているそうで、それは手術の際に細かい血管が切れるので仕方のない事だそうだ。
今日も何度かナースの血圧チェック、体温チェックがある。これは毎日数回ある。段々数は減って行くので、もう記載はしません。
昼にshigeママ、夜にshigeが来てくれた。
昼には点滴が外された。(ガーゼの粘着テープが毛を取って痛かった。)
座って、立つ時、傷にぴりぴりーっと、痛みが走る。歩きだせば痛みはない。
ずっと寝てばかりなので、腰やお尻が痛い。あまり眠れず。。。
手術翌日
(1日目)
血圧:90-60
2006.12.09 尿と採血
11:00術後初めてのシャワー。初めて傷を見る。剃毛は右側患部だけなので、第一印象は「落ち武者みたい。。。」傷に保護がしてあるので、まったくしみなかった。ほっとする。
昼後、妹の家族がお見舞いに来てくれた。昨日よりだいぶ歩けるようになった。1日目と2日目の回復は全然違う感じ。

夕方、術後初めてのうんPが出る。コロコロでしかもお腹に力入れないように恐る恐る力むので、なかなか出ない。切れ痔になる。でも出てほっとした。
◯◯先生が様子を見に来てくださった。傷のチェック後、△△先生と退院の日を決めていいといってくださった。

術後2日目
血圧:110-60
体温:36.5

2006.12.10 便秘にならぬよう、水分をこまめにとって夜中にトイレに起きて眠れなくなった。
同室の方の身の上も、かなり詳しくなっている。お見舞いのお菓子やケーキのお裾分けもしてもらった。
10:00にシャワーあびた。お見舞いにshigeと父が来てくれた。
△△先生が回診で診察してくれ、退院の日が明日午後に決まった。

夕方、水分をとったおかげ(?)で、またうんPが出る。最初コロコロであとはバナナ。よかった!
術後3日目
2006.12.11 7:00にシャワーあびた。
昼食後、この病院を紹介してくれた某ビーのママさんがお見舞いに来てくれた。

2:00退院。父が車で迎えに来てくれた。△△先生がいらっしゃってくれたので、お礼を言い、一緒に写真を撮ってもらった。同室の方とお別れに涙。ナースに挨拶で涙。お世話になりました。なんだか寂しい気分。

妹も実家に来た。父はケーキを買ってくれた。偶然shigeママも同じ店のケーキを買ってくれた。病院とは違い、室内は寒いので、ガタガタ震えて寝てしまった。(翌日から布団増量など対策をとった。)


手術費・入院費は14万円以内で収まりました。
退院

術後4日目


手術費・入院費は14万円以内
2006.12.12 朝は7:00前に起き、フルーツとヨーグルトと、ウインナー等の朝食を食べ(朝食はほぼ毎日一緒)、うんPもコロコロからバナナ。食器洗いと洗濯伸ばしをする。
昼 焼きそばと南瓜の煮物。
昼寝2:00〜5:00(ほぼ、これ以降も同じく昼寝)
夜 おでん(shigeも結局これから毎日びよよん実家で夕食。ジローとコースケは大喜びでした)
今日2度目のうんP。結構大量。でもまだ力がはいらない。怖くて。
シャワー入る。(シャワーはこの日から1日おきにはいることにした。)
術後5日目
2006.12.13 うんP1回目大きめ。2回目コロコロ少し。(ほぼ毎日出るのでうんPの記述は止めます。)
昼 おでんの汁で雑炊
ジローとコースケに手軽なお菓子作ったり、食器洗いしたり調子よかった。しかし布団の上を少し大股で歩いた時、傷の上の方が血が滲んでしまった。ぴりぴり痛い。よくなって来たと思っていたのでかなり凹む。週末に帰宅する予定を変更。両親も焦らず治せといってくれた。そこからまた安静生活。
夜 鶏肉のカレークリーム(絶品でした。)※だいたい料理は父がやります。
術後6日目

傷に血が滲む
2006.12.14 傷が心配で病院に電話。でも受診してくださいと言われたので、今日はひたすら歩く時も慎重にした。
昼 けんちんうどん
夜 牡蠣フライ、ヒレカツ
術後7日目
(1週間)
2006.12.15 昼 サンドウィッチ
会社の同僚とメールで、年内休ませてもらっていいか等話す。
夜 白菜と豚肉の重ね煮 牛筋みそ汁 たらこ
術後8日目
2006.12.16 傷はだいぶ塞がってきた。でも膨らみはある感じ。同じ姿勢で座る等はまだ辛い。
昼 たらこ 牛筋みそ汁
夜 ハンバーグ
いとこに退院祝いのお菓子頂く
術後9日目
2006.12.17 昨日よりだいぶ楽になった感じはある。
昼 カレーうどん(ルウ使わないでスパイスで父が作った)
夜 キムチ鍋 刺身
術後10日目
2006.12.18 洗濯ものを干したり、食器洗いするようになった。
会社に連絡し、年内休みをもらった。
昼 キムチ雑炊
夜 鰻 ウドの酢みそ和え shigeのお土産らぽっぽのチャイナポテト
術後11日目
2006.12.19 父に車で送ってもらい、久しぶりに自宅へ一時帰宅。
メールチェックしてから、徒歩で40分かけて実家へ戻る。
おばあさんや子供にも抜かされる程のろのろしか歩けない。しかも少し痛いと思った。(郵便局やスーパーへ寄った。)
昼 カレー雑炊
夜 チンジャオロースー 塩サバ けんちん汁
shigeが明日休むので泊まり。
術後12日目
初めて外歩いた
初めて自宅へ
2006.12.20 父に車で送ってもらい産婦人科へ。徒歩で帰宅。昨日よりかなり歩けると思った。
昼 焼きそば(半分手伝う)
夜 今日はshigeの誕生日なので、家で焼肉&ケーキでお祝い。
術後13日目
2006.12.21

父に車で送ってもらい、自宅へ一時帰宅。徒歩で帰ったが、前回より10分程早く帰れた。リハビリの大切さを実感。
昼 スーパーのお寿司
初めて電車に乗って美容院へ。ヘアマニュキュアもやって2時間くらい。その間shigeママが来てくれていたが、すれ違いで会えず。。。
夜 鉄火丼 南瓜の煮物

術後14日目
(2週間)
初めて電車で外出
2006.12.22 父に車で送ってもらい、自宅へ一時帰宅。その後バスでshige実家へ。
昼 煮物、魚の粕漬け等いろいろごちそうになる。
車で送ってもらう。
実家となりの親戚のお孫さん(いとこの子供)と初対面!
夜 あんこう鍋
術後15日目
初めてバスで外出
2006.12.23 父に車で送ってもらい、自宅へ一時帰宅。洗濯と年賀状制作。徒歩で帰る。コースケの愛知の弟、ぼんどくんごるごくんからプレゼントが届いた。母の同僚の方からは、わんこケーキ頂く。
昼 キムチや漬け物、納豆などで
夜 ローストビーフ(shigeと父が買って来たどでかい和牛を父が料理)
術後16日目
2006.12.24 昼 うどん(昨日のローストビーフ入り)
コースケの実家、mocoママさんとmocoちゃんがクリスマスプレゼントを沢山もって来てくれた。
夜 地元の鶏屋のローストチキン ザワークラウト(父作) shigeが買ってきたパティスリーヒロアキのブッシュドノエル
夜7時に車で送ってもらい、帰宅。
お世話になりました。まだたまにズキンとチクっとかするけれど、かなりよくなってきました。
術後17日目
夜、自宅へ帰宅
2007.01.09 手術から約1ヶ月経ちました。仕事にも復帰。
術後初めての診察。しこりの結果は、悪性が認められないということで、ひとまず安心。(この後、やっと風呂につかる(もう浸かっても大丈夫だったけど怖いのでシャワーだった。))この後、すっかり痛みも感じなくなりました。
退院後初の診察


御心配、励ましのメッセージをたくさんいただきまして、本当にありがとうございました。
心よりお礼申し上げます。